So-net無料ブログ作成
検索選択

お友達のバレエの発表会-「チャイコフスキー:白鳥の湖」 [音楽]


チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」全曲

チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」全曲




今回もこのCDをもっているわけではありませんが、
曲の参考として。

昨日はお友達のバレエの発表会にお招きいただき、
これまたお友達と一緒にお花を持って見に行きました。
彼女は小さい頃からバレエをやっていましたが、
いっときやめ、大人になって再開して、
最近では随分と力を入れるようになったのでした。

3年に1度くらいの頻度で発表会があり、
都合があえばお邪魔しているのですが、
お友達本人の活躍だけでなく、
小さかった生徒さんが大きくなったり、
注目していた若手の生徒さんが先生になっていたりと、
みなさんの成長振りも楽しみになっています。
(何故かお母さん目線。。。)

今回はわたしの大好きなチャイコフスキー、
そしてあの有名な「白鳥の湖」。
子どもたちを実家の両親に預け、
全幕じっくり拝見させていただきました。

数日前に見たオペラ(リハーサル)とは又違って、
身体の動きによって、物語を綴るバレエ。
たっぷり時間を使い、ゆっくり進み、
豪華な衣装にしなやかな踊りで、
作品を表現していきます。
ひとつひとつの踊りに注目しつつも、
全幕通して観ることによって、
とても大きな物語として感じることができました。

「白鳥の湖」の音楽は聴いた事のあるものも多いですが、
実際にバレエで見ることで、
また新しくイメージが加わりました。
4羽の白鳥が手を組んで踊りながら出てくる
おなじみのシーンも初々しい踊りで楽しませてくれました。
舞踏会でのシーンは曲も踊りも華やか、衣装も豪華、
とても楽しい気分になりました。

バレエコンサートから始まって全幕で4時間半。
見ごたえたっぷりでした。

今回の音楽はテープ(CD?)でしたが、
生演奏だとまた迫力も違うのかなと思います。
それにしても、バレエというものは、
バレリーナも、演奏者も、各所関係者も、
練習から本番まで大変なエネルギーが必要で、
本番だけを鑑賞する観客でさえも、
それなりの心構えがないと最後まで付き合うのは難しい、
まさに総合芸術なんだなぁと思いました。

以前所属していたアマオケで、
バレエの伴奏をしたことがありましたが、
わたしは参加しませんでした。
楽譜が書籍のようだと聞いて恐れおののきまして。。。
でもゆっくり取り組める時がきたら、
このチャイコの「白鳥の湖」なら
どこかで参加してみたいなぁとも思います。








nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 4

jewel

草刈さんが引退する、した、の特集が
テレビで組まれていると観ちゃいます^^
バレリーナほど肉体の限界がわかる
ものはないな~というのが感想です。

by jewel (2009-07-29 11:26) 

mokekek

みどさんNiceありがとうございます。[わはっ]

jewelさんNice&コメントありがとうございます。[わはっ]
草刈さん!
生の舞台を見たことはないのですが、
Shall we dance でとても素敵な人だなと
思いました。
細いですよね~。
美しいですよね~。
by mokekek (2009-08-01 01:03) 

たっくん

お久しぶりです♪
お元気そうで、ご多忙そうで何よりです☆
mokekek家のお子様の環境がすばらしいですね~
このブログに来て、勉強させて頂きます(^^ゞ
by たっくん (2009-09-19 09:48) 

mokekek

たっくんNice&コメントありがとうございます。[わはっ]
今のところ新型インフルに襲われることもなく、
元気にしています。
by mokekek (2009-09-24 12:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。